Navigation Content

ニュアンスコミュニケーションズタッチスクリーン上で連続タッチ入力が可能な「T9 Trace™」を発表!!

~タッチパネル上の文字キーから文字キーへ、指をスライドするだけで入力が出来る新テクノロジー~

Japan – 2010年8月2日

ニュアンスコミュニケーションズインク(本社:米国マサチューセッツ州、NASDAQ: NUAN) は本日、携帯電話のタッチパネル上での文字入力に特化した、連続タッチ入力が可能なT9 Trace (ティーナイントレース) を発表しました。T9 トレースは、エンドユーザーがタッチパネルの QWERTY キー端末や10 キー端末上で、文字キー間を指やスタイラスを用いてスライドしながら 入力可能なソリューションです。

タッチパネル端末は、昨今グローバル携帯電話市場を席巻しており、米市場調査企業のStrategy Analytics 社によれば年間30%に達する成長を遂げ、2014 年には5 億台に達すると予測されてい ます。タッチパネル端末がよりメジャーになるにつれ、携帯メール、SMS やTwitter などの各種イ ンタラクティブコミュニケーションツールを使用する際に、便利でより早く簡単かつ個々の生活 スタイルに合わせた自由な文字入力ソリューションに対するニーズが高まり、世界中の携帯電話 メーカーはマルチモーダル上の入力に最も重点を置く傾向にあります。T9 トレースは、XT9(エ ックスティーナイン)文字予測入力の拡張機能として、現在の携帯市場には未だ導入事例のない 新たな入力ソリューションとなります。

XT9 はタッチパネルキー上での予測入力に革新をもたらしましたが、今回T9 トレースと統合する ことで、より一層ユーザーエクスペリエンスを引き立てます。また、XT9 の入力エラーコレクシ ョン機能(エラー補正機能)が優れた認識精度を実現します。これに加え、T9 トレースは、通常 のタイピング入力とトレーシング入力(スライド入力)をシームレスに切替えることが可能で、 より高い操作性と利便性を提供します。

ニュアンスのモバイル部門上級副社長兼ジェネラルマネージャーのマイケル・トンプソンは、次 のように語っています。「タッチスクリーン端末は世界的に急激に台数を増やしていますが、エン ドーユーザー様の間では、バーチャルなキーパッドを使用して、一層簡単なテキスト入力への要 求が強まっています。そんな折、指を文字キーから文字キーへとスライドして入力するT9 トレー スは、エンドユーザー様に新たなエクスペリエンスを提供すると共に、携帯電話メーカー様に代 表される我々のお客様企業各社様にも、タッチスクリーン端末で他社様と差別化できるイノベー ションを提案します。」

T9 トレースは、XT9 とダイレクトに統合可能です。携帯電話メーカーに、デバイスのインテグレ ーションに要する時間、メモリ消費や言語のグローバルサポートなど効果的かつ独自の高効率を 提案します。先に市場導入したT9 Write (ティーナインライト:手書き入力テクノロジー)と一体 化しマルチモーダル入力を一層多くの市場、一層多くのデバイスに、より迅速に搭載することが 可能になります。これにより、パートナー企業様はニュアンスの一連の文字予測入力テクノロジーを有効に活用することができます。約80 言語に及ぶニュアンスの言語サポートが、これから世 界各国の携帯電話メーカーやエンドユーザーにマルチモーダルな入力エクスペリエンスを提案し ます。

世界中多くのエンドユーザーに利用されているニュアンスの音声認識ソリューションと文字予測 入力ソリューションは、今回T9 トレースを加え、一層幅広い製品ラインを揃えるにいたりました。 ニュアンスのモバイル製品ラインは、携帯メール、SMS、通話、Web アクセス、ミュージックア プリケーションなど、代表的な携帯電話のインタラクションスタイルに変革を起こします。ニュ アンスのモバイルソリューションは、世界中の携帯電話メーカーや携帯電話事業者とパートナー シップを構築し、これまでに約40 億台の携帯電話に搭載されています。

ニュアンスコミュニケーションズについて

ニュアンスコミュニケーションズは、音声・文字入力・画像認識ソリューションのリーディング・プロバイダーとし て世界に貢献しています。ニュアンスの技術/ アプリケーション/ サービスは、情報の流通、文書の作成/ 共有/ 利用 方法に変革をおこし、コミュニケーションスタイルを革新します。いまこの瞬間も、数百万人、数千の企業がニュア ンスの実績あるアプリケーションやプロフェッショナル・サービスを導入しています。 詳細については http://japan.nuance.com/をご覧下さい。

Press Releases:

   Japan
プレスリリース

Choose your country.