ディクテーションの使い方

概要

使い方









メッセージを作成する

Dragon Dictationを起動します。スクリーン中央の赤丸ボタンをタップして音声認識アプリケーションを開始し、ディクテーションしたい内容を話します。メッセージのレコーディングが終わったら、iPhone™とiPod touch™ユーザーは、『終了』ボタンをタップします。(iPad™ユーザーはスクリーン上をタップします。)Dragonの『設定』から『終話を自動検知』をオンにして自動で検知させることもできます。再度赤丸ボタンをタップしてディクテーションを開始します。iPhone版Dragon Dictationは、ノートにディクテートした内容を自動的に保存します。これにより途中で電話を受けても途中から再開することができます。

テキストの修正

ディクテートされたテキストの編集は、修正したい言葉を上からタップします。するとドロップダウンリストに修正候補が表示されます。修正を完了するには選択したいフレーズがすべてハイライトされるまでドラッグします。また、入力された内容をハイライトしながら赤丸ボタンをタップして新たにディクテートすると新しい内容にリプレースされます。


テキストのタイピング入力

Dragon Dictationは声でメッセージを作成するだけではなく、キーボードアイコンをタップしてキーボード入力で新規メッセージを作成したり編集することもできます。


iPhone版Dragon Dictationは、自動でディクテートした内容をノートに保存します。保存された内容は、たとえば電話を受けた後からでもアクセスすることができます。


iPad™ ユーザー向け…

Dragon Dictation Notes™は、ディクテートした内容を確認したり編集するのが簡単にできる機能です。iPad™用には、ランドスケープモードもポートレートモードも対応します。ポートレートモードで使用する際は、ノートは左上に小さく表示されますが、タップすれば拡大します。

右下隅の『i』アイコンをタップするとiPad™でのDragon Dictationの基本的な使い方やコマンドとパンクチュエーションのリストが表示されます。

ノートにディクテートした内容を保存する

ディクテートした内容は、自動的にDragon Dictation Notes™に保存されるので、ノートをクリックして編集やレビューができます。新しいノートの作成は、右上の『+』アイコンをタップします。

ディクテートした内容をノートから送信するには

送信したいノートを表示させます。上段右端のアイコンをタップして次に行うアクションを選択します。

eメイル: あなたのeメイルクライアントをオープンし、ディクテートした内容を新規メッセージに挿入します。この際、Dragon Dictation Notesからこの内容は削除されます

コピー: ノートの内容をiPad™のクリップボードに貼り付けます。Dragon Dictation Notesにもそのまま保存されます

切取り: ノートの内容をiPad™のクリップボードから切取ります。Dragon Dictation Notesからはこの内容は削除されます

Facebook: あなたのFacebookをオープンし、ディクテートした内容をFacebookのステータスバーに挿入します

Twitter: あなたのTwitterをオープンし、ディクテートした内容をTwitterのステータスバーに挿入します


ノートを削除するには

『メールの送信』や『ノートの切取り』を行った際には、自動的にDragon Dictation Noteから削除されます。マニュアル操作で削除したい場合は:

iPhone™ ・iPod touch™ユーザー向け・・・

メッセージを送信するには

ディクテートした内容をメールで送信するには、スクリーン右下端のアイコンをタップして次に行うアクションを選択します。

eメイル: eメイルクライアントをオープンし、ディクテートした内容を新規メッセージに挿入します

SMS: SMSをオープンし、ディクテートした内容を新規メッセージに挿入します

コピー: iPhone™ のクリップボードにディクテートした内容をコピーします

Facebook: あなたのFacebookをオープンし、ディクテートした内容をFacebookのステータスバーに挿入します

Twitter: あなたのTwitterをオープンし、ディクテートした内容をTwitterのステータスバーに挿入します


詳細は概要でも確認できます。

Bookmark and Share