ぐるなびキャンペーン
For English Speakers
活用事例:障がい者の方の文字入力サポート
動画で学ぼうドラゴンスピーチ11
他社製品との比較
よくあるご質問
おススメマイクはこちら
メディア掲載一覧
ATOK対応版はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

製品全般に関して

To top

「ドラゴンスピーチ 11」・「ドラゴンスピーチ 11 日本語版」・「ドラゴンスピーチ 11J」との違いはなんですか?

 

まず、販売会社により、商品名と商品パッケージが異なります。
「ドラゴンスピーチ 11 日本語版」は、株式会社 ゲート様が販売している商品で、
「ドラゴンスピーチ11J」は、株式会社ジャストシステム様が販売している商品です。
各製品は全て弊社が開発しており、ソフトウェアの機能・性能自体は全て同等のものでございます。

 

なお株式会社ジャストシステム様が販売しているATOK 2013はドラゴンスピーチを呼び出す機能が搭載されていますが、そのためには、「ドラゴンスピーチ11J」をインストールすることが必要です。

 

「ドラゴンスピーチ11日本語版」をインストールしても、ATOK 2013から呼び出すことはできませんのでご注意ください。


To top

複数のパソコンにインストールできますか?

 

はい。
「ドラゴンスピーチ 11」はユーザーライセンスとなりまして、
お一人でお使いになるということでしたら、
同時に起動しない限り、複数のパソコンにインストールしてお使いいただくことができます。
(例えば、会社PCと自宅PCの両方へインストール可能です。)

 

ただし、お客様ではない方が、「ドラゴンスピーチ 11」をご利用になる場合には、
ソフトがもう1本必要となりますのでご注意下さい。


To top

体験版(評価版)はありますか?

 

いいえ。
お客様には大変不便をお掛けしまして申し訳ございませんが、
本製品には製品の特徴上、体験版のご用意がございません。

 

また、基本的にはサンプルのお貸出等も行っておりません。
本ホームページのTOPページにデモ動画がございますので、
こちらの動画で認識精度、使用感をお確かめくださいませ。
また大量導入をご検討で、どうしても動作検証が必要な場合は、下記窓口よりお問い合わせください。


To top

どのような方が使っていますか?

 

研究論文や出版関連などの原稿作成など、
大量の文章入力を行う方が作業時間を軽減させるために使用されることが多いです。
その他、話し言葉がリアルタイムでパソコン画面上に表示されるので、
聴覚障害者の方とのコミュニケーションツールとして使用されている方や、
音声によるパソコン操作も可能なので、
四肢障害の方や他の作業などで手が塞がっている方がパソコンを利用される際に使われております。
(例えば、医療現場で患者を診断しながら電子カルテへ所見入力する、
または製造業で両手を使用する作業での検査結果入力など)

 

詳しくは活用事例を御覧ください。


To top

アカデミック版とは何でしょうか?

 

アカデミック版は、中、高など学校、大学、各種専修学校などに在学中の学生および、
教職員の方を対象とした商品です。ご購入の際は身分証明書が必要となります。

 

<アカデミック版がご購入いただける方の条件>
●教育機関
小学校、中学校、高など学校、大学、短大、大学院、盲学校、聾学校、養護学校、専門学校、各種学校、
教員の研修を目的にした地方自治体が設置した教員センター、教育研究所
●個人
上記の教育機関の生徒・学生、及び教職員


To top

認識精度を上げるコツは何でしょうか?

 

以下の点に気をつけると、より正確に音声入力ができるようになります。

 

1. できるだけ長い文、少なくとも文節単位でお話下さい。
2. 自然な話し方でお話下さい。ゆっくりと話すと認識精度が悪くなります。
3. 長く伸びた音(長音)は認識しにくいです。
4. 会話調の文章ではなく、日本語文法でお話下さい。
5. 小さな「っ」等は認識しにくいため、文字の修正を行う場合には、

  なるべく文に織り交ぜて発声を行なって下さい。
6. 単語登録をする際には単語毎に登録するより、よく使用するフレーズ毎に登録下さい。
  例: ◯「いつもお世話になっております。」
  ? 「いつも」「お世話に」「なっております」

 

※誤認識の原因となりますので、単語の途中で区切らずお話ください。
正しく認識されているか気になるかとは思いますが、
アナウンサーのように一つの文章を一気に読み切るほうが認識精度はアップします。

 

※マイクに位置も音声認識にとって非常に大切なポイントです。
口元に近すぎてもノイズが入り、遠すぎると声を拾わなくなってしまいます。

 

マイクは、なるべく口元との距離が5cm以内になるように装着してください。
口元との距離が5cm以内ですと、周囲のノイズの影響を受けにくく、より正確に入力できます。

 

また、ヘッドセットマイクは、手に持って使う・首にかけて使う等してしまうと、
口の位置がマイクの集音部分とずれてしまいますので正しく装着して下さい。


To top

認識率はどの程度でしょうか?

 

使用される周辺の環境、入力する文章内容、話者の発音などにもよりますが、
静かな環境で、一般的な文章を正しい発音で発声する事ができれば、95~99%程度の認識結果になると思われます。
また、トレーニングを十分に行った上で、間違えた箇所の修正作業や特殊用語の追加を行うことより、
使えば使うほど認識率は向上いたします。


To top

他社商品との主な違いは何でしょうか?

 

他社商品との大きな違いは、販売実績数、認識精度、登録単語数です。

 

ドラゴンスピーチは世界シェアNo1を誇る、世界で最も愛用されている音声認識ソフトウェアです。
また、認識精度は世界最高水準の99%以上で、登録単語も約100万語と他社商品とは比べ物にならないほど搭載されています。
さらに、音声によるパソコン操作が可能な音声コマンド機能や、英語の音声認識など、多様な機能が搭載されています。


To top

事前に声の登録は必要でしょうか?

 

いいえ、必要ありません。
使用ユーザー(プロファイル)の作成の際、従来のバージョンまで必須であった声の登録作業(トレーニング)をスキップして、
インストール後すぐに利用できます。
このトレーニングをスキップしても前バージョン以上の認識精度が得られ、トレーニングを行うことでさらに認識精度がアップします。
※ トレーニングのスキップが可能なのはヘッドセットマイク利用時のみで、
  録音データからの文字化を行う場合はトレーニングを行い、専用のプロファイル作成が必要です。


To top

ドラゴンスピーチはWindows 8に対応していますか?

 

はい、Windows 8(32ビット/64ビット)に対応しております。
詳しくはシステム要件をご覧ください。

 


To top

IBM Via Voice(ビアボイス)の取扱いはありますか?

 

誠に申し訳ございませんが、IBM Via Voice(ビアボイス)は2009年8月に生産を終了し、2010年3月を以てサポートも終了しております。
何卒、ドラゴンスピーチの最新バージョン『ドラゴンスピーチ11』をご検討いただきますよう、よろしくお願い致します。

 


To top
このページのトップに戻る