ぐるなびキャンペーン
For English Speakers
活用事例:障がい者の方の文字入力サポート
動画で学ぼうドラゴンスピーチ11
他社製品との比較
よくあるご質問
おススメマイクはこちら
メディア掲載一覧
ATOK対応版はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

録音データからの文字化に関して

To top

電話の録音データをテキスト化できませんか?

 

残念ですが、「ドラゴンスピーチ 11」は、電話での音声のテキスト化は不可能です。

まず、電話・ネット回線の通話録音となりますと、通常の録音データと比べて、
音声の品質も悪くなり、自動で文字化できるアプリケーションは限られます。

 

「ドラゴンスピーチ 11」は、録音データからの文字化が可能でございますが、
録音データからの文字化の場合、あくまでユーザー登録(事前の声の登録作業)済みのお一人様の音声で、
マイクと口元の距離を5cm程度で一定に保ち、
雑音等を含まないクリアな音質である事が条件となります。

 

もちろん、話し手側にヘッドセットマイク等のマイクをつけていただければ
話し手側だけの音声を文字化することは可能ですが、
その場合、受け手の音声の文字化は不可能となります。

 

電話やSkypeの受け手側の音声ですと、電話・ネット回線で音質が著しく悪いため、
文字変換を行っても誤認識が多く実用レベルには達しません。

 

「ドラゴンスピーチ 11」をお使いになり
電話の両者の録音データを文字化を作成する場合は、
一度録音データを再生させ、その内容を聞きながら、
商品同梱のヘッドセットマイクに復唱する形でご利用いただく形を推奨いたします。


To top

音楽や映画の録音データを文字化できますか?

 

いいえ、不可能です。
ドラゴンスピーチでは、2名以上の話者が含まれる録音データ、ICレコーダーと口元の距離が10cm以上離れている場合、
雑音が多く含まれる録音データは、音質の関係上、実用レベルの認識精度が得られませんので、
BGMや効果音の多い音楽や映画などの録音データでは、音声認識で直接文字化することは不可能です。

 

また、外部録音機器で録音したデータを文字化する場合は、
ソフトウェアが予め指定した任意の文章を最低4分程度読み上げる作業(トレーニング)が必要です。
※ヘッドセットマイクを使用し文字化する場合は、トレーニング不要です。

 

このような条件を満たすことができない録音データを文字化する場合は、
パソコンに接続した同梱のヘッドセットマイクに向かって、録音データを聞きながら
代表者の方が復唱することで効率的に文字化できます。
ヘッドセットマイクをご使用の状態ですと手が空くので、こまめに録音機器をオン/オフしながら
文字化することにより、簡単に書き起こしが可能です。
この方法でもキーボード入力と比較すると、1/3程度の作業時間で録音データの文字化が可能となり、
作業時間を大幅に短縮することが可能です。


To top

ICレコーダーの対応機種は何でしょうか?

 

以下の形式で録音データを保存できるICレコーダーであればメーカー・機種は問いません。
■ .wav、.wma、.mp3、.dss、.ds2
または、ICレコーダーに付属されたソフトにより上記形式に変換できるものであれば対応します。

 

※暗号化されていない.dssファイルや.ds2ファイルは、録音の自動文字化エージェントでのみ使用できます。
※録音の自動文字化エージェントがアクティブな状態でドラゴンスピーチを起動した場合は、
ドラゴンスピーチのプロファイルと競合するのを避けるために、録音の自動文字化エージェントが無効になります。


To top

録音した講演会や講義の音声を文字化できますか?

 

いいえ、不可能です。
ドラゴンスピーチでは、2名以上の話者が含まれる録音データ、ICレコーダーと口元の距離が10cm以上離れている場合、
雑音が多く含まれる録音データは、音質の関係上、実用レベルの認識精度が得られませんので、
講演者が話す内容を客席側で録音したデータでは、音声認識で直接文字化することは不可能です。

 

また、ICレコーダーなど外部録音機器で録音したデータを文字化する場合は、
ソフトウェアが予め指定した任意の文章を最低4分程度読み上げる作業(トレーニング)が必要です。
※ヘッドセットマイクを使用し文字化する場合は、トレーニング不要です。

 

このような条件を満たすことができない録音データを文字化する場合は、
パソコンに接続した同梱のヘッドセットマイクに向かって、録音データを聞きながら
代表者の方が復唱することで効率的に文字化できます。
ヘッドセットマイクをご使用の状態ですと手が空くので、こまめに録音機器をオン/オフしながら
文字化することにより、簡単に書き起こしが可能です。
この方法でもキーボード入力と比較すると、1/3程度の作業時間で録音データの文字化が可能となり、
作業時間を大幅に短縮することが可能です。


To top

録音した会議内容を文字化できますか?

 

いいえ、不可能です。
ドラゴンスピーチでは、2名以上の話者が含まれる録音データ、ICレコーダーと口元の距離が10cm以上離れている場合、
雑音が多く含まれる録音データは、音質の関係上、実用レベルの認識精度が得られませんので、
会議のように複数話者が含まれる録音データを音声認識で直接文字化することは不可能です。

 

また、ICレコーダーなど外部録音機器で録音したデータを文字化する場合は、
ソフトウェアが予め指定した任意の文章を最低4分程度読み上げる作業(トレーニング)が必要です。
※ヘッドセットマイクを使用し文字化する場合は、トレーニング不要です。

 

このような条件を満たすことができない録音データを文字化する場合は、
パソコンに接続した同梱のヘッドセットマイクに向かって、録音データを聞きながら
代表者の方が復唱することで効率的に文字化できます。
ヘッドセットマイクをご使用の状態ですと手が空くので、こまめに録音機器をオン/オフしながら
文字化することにより、簡単に書き起こしが可能です。
この方法でもキーボード入力と比較すると、1/3程度の作業時間で録音データの文字化が可能となり、
作業時間を大幅に短縮することが可能です。


To top
このページのトップに戻る