自動音声対応システム | 対話型IVR | ニュアンス・コミュニケーションズ | Nuance
  • お問い合わせ
  • サポート
お問い合わせ

快適なサービスを提供する:対話型IVR、ついに登場

ユーザーが安心して利用できるサービスを提供

対話型IVRでお客様の満足度を向上させる

今までのプッシュボタン式の自動音声対応システム(IVR)は、「それなりに利用できる」サービスでした。 対話型IVRでは、人間らしい電話対応が実現可能です。「ジム様、いつもありがとうございます。昨日の注文に関連したお電話でしょうか?」

昨今の顧客サービスは「わかりやすさ」が求められています。20%わかりやすさが増すことで、顧客満足度は96%増加します。顧客サービスの約半数は電話で提供されており、スムーズな対話を促すIVRの導入が、企業に大きな利益をもたらします。

対話型IVRではNuanceの自然言語技術を利用しています。統計モデル、人間らしい会話、最適な設計を結集させることで、話者の意図を予測し理解することが可能になりました。今までにない速さで質問に回答し、無駄な待ち時間が解消されます。

最新情報を入手する

フロスト&サリバン:IVR刷新の成果-お客様の声が届くように

優れたサービスを提供する企業がIVRを進化させる理由

ダウンロードする

ホワイトペーパー:お客様に愛されるIVR

お客様の期待を超えるIVR体験を提供するための4つの方法

ダウンロードする
顧客体験

お客様にご満足いただけるサービスを

お客様が必要とするサービスを的確に提供することが、企業イメージを高めるために必要不可欠です。対話型IVRを導入することで、電話口のお客様にパーソナルアシスタントの対応さながらのサービスを提供することが可能です。

顧客体験に関する情報について

 

電話をかけている理由が最初の選択肢で提示されない場合、40%の電話主はすぐにオペレーターへの転送を実行する

消費者の32%が、IVRが自然な対話インターフェイスをもつ場合、使い続ける傾向にある

対話型IVRを支える技術

最先端の技術が生み出す強力なソリューション

Nuanceのソリューションは、毎年何十億回もの快適な顧客体験をお客様に提供しています。長年の研究開発によって磨き上がられたニュアンスのテクノロジーがこのソリューションを支えます。

対話型IVRを支える技術について

Nuance Recognizer

Nuance Recognizerは自動音声認識を行います。業界でもっとも高い認識精度を誇り、人間らしい対話でサービスを提供します。

Nuance Vocalizer

Nuance Vocalizerはテキストの音声化を行います。企業の即戦力となる自然な音声で、快適なIVR体験を提供します。より人間らしい、お客様に合わせた対話を実現します。

コールステアリング

Call Steeringは自然言語処理を行います。お客様ご自身で電話をかけた理由を話せば、その内容を理解し、スムーズに、お客様が抱える問題を解決できます。

Nuance OnDemand

Nuance OnDemandはマルチチャネルのクラウドベースホステッド・プラットフォームです。対話型IVRを入手しやすい価格で、運営の負担も少なく提供いたします。

対話型IVR導入事例

より快適な顧客体験

FedExは、Nuance OnDemandプラットフォームを導入。自然言語発話技術を利用した対話型のサービスを提供し、目標を達成しました。

より強力な顧客サービス

オランダの公益事業会社Nuonでは、顧客セルフサービスのインターフェイスをプッシュボタン式IVRから自然言語発話へと移行。顧を満足度が向上し、業績に反映されました。

プロフェッショナルサービス

経験豊富なチームが結果を出すソリューション導入をサポート

長年の経験および膨大な導入実績に支えられたニュアンスのプロフェッショナルサービスでは、結果に直結するソリューション導入を提供いたします。 最新のツールと技術で音声認識ソリューションの設計、開発、導入、最適化を行います

プロフェッショナルサービスについて

リソース

ホワイトペーパー

お客様に愛されるIVR
お客様の期待を超えるIVR体験を提供するための4つの方法

ケーススタディ

アムトラック:音声解析自動応答サービス
Amtrakの自動顧客サービスを担当するのはジュリー。電話口のお客様との対話を促進し、サービスを提供します。

フロスト&サリバン:IVR刷新の成果-お客様の声が届くように
優れたサービスを提供する企業がIVRを進化させる理由

インフォグラフィック

IVR: 快適性を求められるIVR
Nuanceが最近行った調査では、思わず電話を切りたくなるような自動音声対応は敬遠されていることが分かっています。

ブログ記事

対話型IVRを導入した方がよい5つの理由
5回に分けてお届けするブログシリーズの第1回目。Dena Skrbinaが、対話型自動音声に対する利用者の期待に応える方法をお届けします。顧客満足度が向上し、コールセンターの経費も抑えられます。

オンプレミス型やホステッド型など、貴社のお客様にぴったりなIVRソリューションをお探しします。

お問い合わせ
   Japan
Conversational IVR

Choose your country.