Navigation Content

OmniPage Capture SDK

質と効率を兼ね備えたOCRツールキットで快適なアプリケーション開発を

OmniPage Capture SDK

 

OmniPage Capture SDK は、現在ナンバーワンのOCRツールキットとして広く認知されていて、ニュアンスのすべてのイメージング製品の核をなしています。このツールキットを使うことで、アプリケーション開発において非常に優れた画像処理、OCR、PDF機能を組み込むことができます。

OmniPage Capture SDKは、優れた画像処理、OCR、PDFの機能だけでなく、バーコード認識、手書き文字認識、ゾーン認識などの機能を提供します。

OmniPage Capture SDKは、精度の高いOCRや画像処理などの機能を必要としている数多くのベンダ様に愛用されています。精度の高い認識エンジン、多種多様なPDFのサポート、さらにはシンプルなAPIで、価値と競争力の高い製品開発を実現、生産性を高め、投資に見合う成果をお約束いたします。

OmniPage Capture SDK は、Windows、Linux、Macの環境でご利用いただけます。

無料評価版にお申込み

 

 

開発者向けOCR:OmniPageの利点

  • 世界最高水準のOCRを利用することによる生産性の向上
  • 必要なすべての機能を網羅:スキャン、OCR、ICR(手書き文字認識)、OMR、バーコード、PDF、文書のファイル変換
  • 顧客に対して高付加価値を提供可能
  • 使いやすいAPIにより開発時間の短縮
  • 最も高度なスキャニング、OCR、PDF技術による競合他社との差別化

 

バージョン19の新機能


OmniPage Capture Software Development Kit (SDK) は、開発者様の声に応え続け、最新のOCR、画像処理、PDF作成および文書変換機能を素早く、そして簡単にアプリケーションに組み込むためのツールとして選ばれています。

最新のバージョン19は、認識精度と処理速度が向上しただけでなく、新しく強力な開発機能が搭載され、OCRや文書変換機能を組み込むための最も総合的な開発ツールになっています。

 

認識:帳票処理をより簡単にする認識エンジン

  • Form Template Editor*を含む帳票認識技術の大幅な機能拡張
  • 新しいテンプレートマッチングやデータ抽出機能で開発を加速
  • タイ語OCRとアラビア語OCRを新規追加
  • アジア言語の認識率が大幅に向上**:
    1. 文字認識率が最大40%向上
    2. 全てのアジア言語のレイアウト認識が最大45%向上
  • 西洋言語のレイアウト認識と再現性が大幅に向上。特に縦書きのテキストの認識率が大幅に向上
  • 新たに17の1次元バーコードとQRとDataMatrixの2つの2次元バーコードに対応

 

画像処理:全てのデータを変換

  • デジタルカメラやスマートフォンのカメラの画像処理の向上
    1. EXIF 情報からカメラフラグを取得
    2. 自動的に解像度(DPI)を推測
    3. シェーディング補正
    4. 新しい二値化アルゴリズム
    5. より良いOCR結果のためのカメラ画像用のワークフロー
  • JBIG2 と MRC 圧縮技術の向上
  • 32ビット ビットマップ画像の入力をサポート
  • PDF 入力– PDFのテキストと画像を賢く判断し、PDF内のテキストを保護
  • Scanning Enhancement Tools (SET)、スキャニングの質を自動的に向上させる便利なツールセット*

 

出力: 多くのファイルフォーマットをサポート

  • 既にサポートされているPDF A/2-b と PDF A/2-u に加えてPDF/A-1a、PDF/A-2a、PDF/A-3a、b、u を新規にサポート
  • Google Docs と Apple Pagesのサポート
  • 指定のファイルサイズやページ数によりOCR結果のPDFファイルを分割*
  • ePub フォーマットのサポート*
  • MP3 フォーマットのサポート*
  • Linux やMac の環境でもフォーマット付き出力(DOCX, XLSX, HTML)をサポート

 

開発エクスペリエンスの向上:素早く、簡単に、分かりやすく

  • ユーザエクスペリエンスと開発エクスペリエンスの向上
    1. 使いやすいDistribution Wizard*
    2. より便利で確かなライセンス管理
    3. 簡単なインストレーション
    4. 統合され分かりやすくなったドキュメンテーション
    5. 便利で生産性の高いAPI
    6. WIA2 のサポート
    7. 安定性の向上
  • ネイティブ64ビットバイナリ**
 

* Windows版のみ

** OmniPage Capture SDK v18.5以上で利用可能

特長

OmniPage Capture SDK 19の主要な機能

OmniPage Capture SDKがあらゆるドキュメントイメージングのニーズに応える強力な機能を提供します。ハイエンドのOCRエンジンと、多機能なPDF生成エンジンを保持する世界で最もポピュラーなOCRアプリケーションであるOmniPageの技術を多種多様なアプリケーションに搭載可能です。OmniPage Capture SDKの強みは、比類のない認識精度にあります。しかし、それだけではなく、さらなる機能でアプリケーション開発を合理化し、製品に付加価値を提供します。

最も認識精度が高く強力なOCR

OmniPageは精度の高い活字OCR(OCR、OCR-A*、OCR-B*、MICR*)のみならず、手書き(ICR)、チェックマーク(OMR)、バーコード(1Dおよび2D)認識エンジンを備えており、比類ない柔軟性と認識精度を提供します。

アジア言語、タイ語、アラビア語OCRのサポート

OmniPage Capture SDKはアジア言語のOCRモジュールに対応(日本語、簡体字および繁体字中国語、韓国語)しています。独立したモジュールとしても使用できますし、欧米言語キットと併用してでも使用できます。タイ語とアラビア語のモジュールはアドオンとして提供しています。

.NETオブジェクト指向プログラム開発環境のサポート*

OmniPage Capture SDK 19は、オブジェクト指向言語の.NET、C#、VB.NETをサポートしています。認識プログラムサンプルおよびサンプルビューアも含まれています。

マルチコアおよびマルチスレッドプロセッサに対応*

複数ページ文書におけるマルチスレッディングおよびパラレルプロセッシングが向上し、効率の良い処理ができるようになりました。複数ページモードを使用したOmniPage Capture SDK 19での処理は、以前のバージョンをクアッドコア上で動作させた時よりも速くなっています。

事前定義済のユーザインターフェースを用意*

OmniPage Capture SDKのProfessional Visual Toolboxを使えば、ワークフローの作成および実行、スキャンデバイスの制御、文書処理に関して、事前に用意されたインターフェースを利用できます。 加えて、このツールは、高度なOCR用のビジュアル・コントロールおよび画像処理ツールも持っています。このモジュールを使用し、OmniPageと互換性のあるワークフローを作成し、その実行を管理することができます。

ワークフローの開発と実行*

複雑な画像処理およびOCRタスクを簡単に作成し、すべてのパラメータおよび設定を管理することができます。さらには、簡単な操作でアプリケーションに OCR機能を追加できます。また、このワークフロー機能は、デュアルコアおよびハイパースレッドシステムの負荷バランスを調整し、パフォーマンスを向上させます。

Logical Form Recognitionテクノロジ

洗練された論理フォーム認識(LFR)技術により、フォームテンプレートの作成が自動化され、フォーム処理が効率化されるため、開発時間の大幅な短縮につながります。スタンドアロンのForm Template Editor* により開発者とエンドユーザの両方が簡単にテンプレートを作成、修正、テスト、管理を行うことが可能になります。

スループット・マネジメント

アップデートされたスループット・マネジメント機能は、他社のSDKと比べ大きな利点があり、開発されたアプリケーションのスループットを最大限生かすことが可能になります。

PDFツールキット
PDF変換においてほぼ100%の精度を誇る独自のPDFオーバーレイ・マッチング機能など、豊富なPDF機能を備え、導入コストや市場投入までの時間を大幅に削減することができます。OmniPage Capture SDKでは、PDF/Aフォーマットへの出力に対応し、ファイルの品質とサイズを最適化するマルチラスターPDFファイルを生成します。

対応フォーマット

OmniPage Capture SDKは広範にわたる画像およびアプリケーションフォーマット(BMP、GIF、TIF、 PDF、HTML、Microsoft Officeフォーマット、XML、ePub*など)に対応しています。また、様々なアプリケーションに最適な画像処理機能を提供します。

音声合成:テキスト読み上げ(TTS)*

OmniPage Capture SDKは、音声合成技術を搭載している唯一のOCR SDKです。様々なアプリケーション向けに、紙の文書あるいはデジタル文書を、音声オーディオ ファイルに変換できるようになります。この機能は、目の不自由な方にとって有効なサポートを提供するという側面もありますが、それだけではなく、すべてのユーザがパソコンやモバイルデバイス、さらにはiPodなどで再生できる音声ファイルとして文書を保存することができるようになります。

これらの高度な機能は、テキストベースのPDF文書における文字を100%の精度で変換する機能と併せ、開発費用および市場投入までの時間を大幅に削減します。OmniPage Capture SDKは世界をリードする、強力で完全なドキュメントイメージングSDKです。

 

*Windows版のみ

技術仕様

Windows版

OmniPage Capture SDKの機能は、C/C++ APIまたはActiveXインターフェースを通じて利用可能です。Windows XP SP3以降のWindows OSでのアプリケーション開発に対応しており、この開発ツールを利用するだけで多くの認識技術を伴う、アプリケーションを簡単に作成することができます。

 

開発システム要件

  • Windows XP SP3、Vista SP2 x86-x64、Windows 7 SP1 x86-x64、Windows 8 x86-x64
  • Windows Server 2003 x86-x64、Windows Server 2008 x86-x64/R2、Windows Server 2012 x86-x64/R2
  • Intel もしくはAMDの 32ビット、64ビット CPU
  • Microsoft Visual C/C++ version .NET 2003/7.1、.NET 2005/8.0、2008、2010、Visual Studio 2012
  • Microsoft Visual Basic .NET

 

ランタイムシステム要件

  • Windows XP SP3、Vista SP2 x86-x64、Windows 7 SP1 x86-x64、Windows 8 x86-x64
  • Windows Server 2003 x86-x64、Windows Server 2008 x86-x64/R2、Windows Server 2012 x86-x64/R2
  • Intel もしくは AMDの32ビット、64ビット CPU

 

Linux版

システム要件

  • Intel もしくは AMDの 64ビットCPU
  • 評価済みOS:
    • Fedora 20、21
    • Debian 7.5、7.7、8.1
    • Oracle Linux 6.5、7.0
    • CentOS 6.3

 

Mac版

システム要件

  • Intel 32ビット、64ビットCPU
  • OS X 10.8 以降

アーキテクチャ

製品アーキテクチャ

  • OmniPage Capture SDK のアーキテクチャは、4つの主なサブシステムを通じて複数の画像処理技術を提供しています:
    • 画像入力サブシステム(スキャニング*あるいは画像のインポート)
    • 画像前処理サブシステム(認識の前段階での画質の向上)
    • 認識サブシステム(画像処理のための複数の認識技術)
    • エクスポートサブシステム(複数の認識モジュールからの出力を一般的なファイル形式あるいはテキストへ変換するための共通なフォーマットに変換)

インターフェース

OmniPage Capture SDKでは2つのプログラムインターフェースが利用可能です。

C/C++ API

C/C++ API は、画像の入力、画像の前処理、認識、出力のコントロールやページベースの画像処理のサポートを提供しています。

ActiveX*

ActiveX インターフェースは、Visual C++ プログラム用にご用意しています。このインターフェースは、Cインターフェースのすべてに機能を含んでおり、より効率的に文書を管理するソリューションを開発することができます。さらに、このインターフェースは、近年ポピュラーな開発環境であるVB.NETやC#をサポートしています。

Professional Visual Toolbox*

Professional Visual Toolboxは、ActiveXインターフェースと共に使用される、一連のコントロールで、アドオンモジュールとして用意されています。事前に作成されたコントロールを使用することで、多種多様のアプリケーションにプラグイン・インターフェースとして利用が可能となり、開発時間を短縮し、市場投入までの時間を短縮します。

    事前に作成されたコントロール

    • 画像ビューア
    • ゾーンの内容検証
    • 画像サムネイルビューア
    • テキスト照合および編集
    • 統計情報や文書のドラフトを表示
    • システム上で実行されているワークフローの詳細および進行状況を提供
    • OmniPageと互換性のあるワークフローの作成
    • 出力変換設定へのアクセスおよび変更
    • フォームフィールドおよびフォーム属性の表示・編集

画像入力

画像入力サブシステムはTWAIN、WIA、ISISスキャナインターフェースおよび画像変換インターフェースを提供します。カラーおよび白黒画像のどちらも扱うことが可能で、画像はメモリから処理および認識プロセスへと送ることができます。入力変換はTIFF、TIFF/JPEG、TIFF-FX、PCX、DCX、BMP、ADF、JPEG、PNG、PDF画像に対応しています。

画像の前処理

下記の画像補正および前処理を実施することで、画質を向上させ、認識精度を上げます:

  • 回転(90度、180度、270度)
  • デスキュー(自動またはプログラム)
  • 反転(自動またはプログラム)
  • 斑点除去
  • 解像度の向上

追加で画像の前処理技術を統合するインターフェースも用意しています。システムの画像処理機能のカスタマイズを許可することでシステムの機能を拡張できます。

認識モジュール管理

OmniPage Capture SDKのコンポネントマネジャは、12の独立した認識モジュールを様々なアプリケーションへ組み込むお手伝いをしています。活字OCR、ICR(手書き OCR)、バーコード、OMR(チェックボックス)、OCR-A*、OCR-B*およびE-13B(MICR)*のためのモジュールが用意されています。

日本語、簡体字および繁体字中国語、韓国語もサポートしており、レイアウトを完全に保持することも可能です。タイ語とアラビア語はテキスト出力に対応しています。

出力処理

OmniPage Capture SDKの出力処理サブシステムでは、認識モジュールから出力を受け取り、TXT、XML、PDF、DOCX、XLSX、PPTX*、HTMLやその他の希望するファイルフォーマットに変換します。以下のPDFのフォーマットに対応しています:

  • 通常のPDF(テキスト、画像、グラフィックス)*
  • 画像のみ
  • 検索可能PDF (画像上にテキスト)
  • 画像をテキストに置き換えたもの*
  • PDF 1.4 - 1.7
  • 全てのPDF/A
 

*Windows版のみ

製品構成

製品構成

OmniPage Capture SDKは、3つの製品構成をご用意しています。またオプションアドオンもご用意しています。

 

Professional Recognition Kit

  • C/C++ライブラリ
  • 2つのボーティングOCR(活字)認識モジュール
  • アプリケーション最適化のため、個別のOCRエンジンへのアクセス
  • OCR-A、OCR-B、 E-13B(MICR)
  • ICR(手書き)認識モジュール
  • OMR(チェックボックス)
  • バーコード認識

 

Professional OCR Kit

  • C/C++ライブラリ
  • 2つのボーティングOCR(活字)認識モジュール
  • アプリケーション最適化のため、3つの個別のOCRエンジンへのアクセス
  • OCR-A、OCR-B、E-12B(MICR)

 

Asian OCR Kit(アジア言語OCRキット)- 日本語、繁体および簡体中国語、韓国語に対応したOCRソフトウェアです。レイアウトを完全に保持したままで、検索可能なPDF出力を実現します。

 

同梱されているアプリケーションツール

Form Template Editor* - テンプレートの作成、修正、テスト、管理を容易にします。

 

アドオンオプション

  • PDF 出力モジュール - このオプションのアドオンは、ノーマルPDF*、イメージPDF、テキストが含まれたイメージPDF、高圧縮PDF(PDF-MRC)に加えて、PDF1.7やPDF/A形式も出力可能です。
  • Professional Toolbox* - WindowsベースのアプリケーションのUIの作成やカスタマイズができるビジュアル・コントロールを提供しています。イメージ表示、手動によるゾーンの設定、OCR結果の校正などの機能が含まれています。
  • Thai OCR Module(タイ語OCR) - Professional OCR kitもしくは Professional Recognition にタイ語OCRを追加するためのアドオンです。
  • Arabic OCR Module (アラビア語OCR)- Professional OCR kitもしくはProfessional Recognition kitにアラビア語OCRを追加するためのアドオンです。
 

*Windows版のみ

SDKの無償評価
   Japan
OmniPage CSDK

Choose your country.