Dragon Assistant

Dragon Assistant接続サービス
利用規約

本契約は、お客様(Dragon Assistantソフトウェアおよび接続サービスを利用する個人または法人)とNuance Communications Inc.(以下「Nuance」)との間で締結する法的契約です。以下の条項を入念にご確認ください。

Dragon AssistantソフトウェアおよびDragon Assistant接続サービスを利用するためには、Dragon Asssitantソフトウェアエンドユーザー契約(以下「EULA」)および本Dragon Assistant接続サービス(以下「接続サービス」または「サービス」)利用規約(以下、総称して「契約」)に同意する必要があります。お客様は「同意」ボタンをクリックすることにより、本契約拘束されることに同意したことになります。お客様は、本利用規約に同意しない限り、Dragon AssistantソフトウェアまたはDragon Assistant接続サービスをいかなる方法でも利用することはできません。

Dragon Assistantソフトウェアおよび接続サービスは、テキストおよび電子メールメッセージの作成、ソーシャルメディアサービスへの投稿などを含みますがこれらに限らず、ユーザーがテキスト入力または音声によるコマンドを通じてデバイス上で特定の操作を制御することが可能な特定のクライアント/サーバーアプリケーションから成ります。お客様は、以下の一般条項に従って、Nuanceが提供する付属文書を含むDragon Assistantソフトウェア(以下「ソフトウェア」)をダウンロード、インストールおよび利用することができます。本ソフトウェアは、テキスト入力および音声入力方式を提供し、Nuanceの設備にインストールされたDragon Assistantサーバーアプリケーション(以下「サービス」)へのユーザーによるアクセスを可能にするもので、Nuanceが本ソフトウェアの使用および本サービスのアクセスのためにお客様に提供する文書を含みます。

  1. ライセンス供与。Nuanceは、デバイス1台に対して本ソフトウェアのインストールおよび利用、ならびに当該デバイスを経由した本サービスへのアクセスを許可する、個人的、非独占、譲渡禁止、サブライセンス不能、および取消可能な制限付きライセンスを、オブジェクトコードの形式に限定して、お客様(以下「ライセンシー」)に供与します。「デバイス」とは、本ソフトウェアの利用のために設定された、またはそのデバイスの製造者が本ソフトウェアを事前インストールした、Intelベースのコンピューティング環境を意味します。 お客様は以下に同意します。(i)本ソフトウェアは、第三者のコンテンツまたはウェブサービスを提示します。(ii)Nuanceは、お客様が本ソフトウェアまたはサービスを通じて送信した質問により、その結果として、不快、侮辱的、またはその他の不適切と思われる可能性のあるコンテンツまたはそうしたコンテンツへのリンクを表示しないことを保証できません。(iii)そうした第三者のコンテンツまたはウェブサービスの利用もしくは利用不可性、または応答もしくは無応答は、本ソフトウェアまたはサービスに伴うエラーとはみなされないものとします。(iv)第三者のコンテンツまたはウェブサービスの利用は、そうした第三者による追加的な利用条件に従うことがあります。(v)そうした第三者は、自己の裁量により、自身のコンテンツまたはウェブサービスの利用を制限したり停止することがあります。(vi)Nuanceおよびそうした第三者は、お客様のそうしたコンテンツまたはウェブサービスの利用について、またはそうした第三者のコンテンツまたはウェブサービスの利用可能性について、いかなる義務も責任も負いません。本ソフトウェアおよび本サービスは、お客様のワイヤレスネットワークを利用してデータの送受信を行うため、お客様のモバイル通信事業者その他の第三者が本ソフトウェアおよびサービスの通信、データおよび/または利用の料金を請求することがあります。
  2. ライセンシーの義務。
    1. 制限。お客様は、法律により許される場合を除き、以下の行為を行ってはなりません。(a)個人利用または非商用以外の目的で本ソフトウェアおよびサービスを使用すること。(b)ライセンス供与されたソフトウェア以外のソフトウェアまたは手段で本サービスにアクセスすること。(c)本ソフトウェアの全体または一部をコピー、複写、配布など形式を問わず複製すること、(d)本ソフトウェアまたは本サービスの全体または一部における権利を売却、リース、ライセンス供与、サブライセンス、配布、譲渡、移転などの形式で供与すること。(e)本ソフトウェアまたは本サービスを改ざん、移植、翻訳し、または本ライセンスの派生物を作成すること。(f)本ソフトウェアまたは本サービスのソースコード、根本的な概念、またはアルゴリズムの解明、再現、特定または発見を試みるために、逆コンパイル、アセンブル、リバースエンジニアリングなどを行うこと。(g)本ソフトウェアから所有権通知、ラベルまたはマークを削除すること、(h)第三者製の製品またはサービスと比較したり、ベンチマークテストを行う目的で本ソフトウェアまたは本サービスを使用すること。
  3. 所有権。
    1. ソフトウェアおよびサービス。Nuanceおよびそのライセンサーは、本ソフトウェアおよび本サービスに伴うすべての特許権、著作権、企業機密、商標およびその他の知的財産権などを含む権利、権原および利益の一切を所有しており、そうした権利に対するすべての権原は、Nuanceもしくはライセンサーのいずれかまたは両方が独占的にこれを留保します。本ソフトウェアまたは本サービスを許可なく複製したり、上記の制限を遵守しなかった場合、本規約およびそれに基づいて供与されたすべてのライセンスは自動的に終了し、Nuanceにはそうした違反に関してすべての法的およびそれと同等の救済方法を求める権利が与えられるものとします。
    2. 音声データ、ライセンスデータおよび利用状況データ.

      (a) 音声データ。本サービスの一環として、Nuanceは、以下に定義する音声データを収集し、本サービスおよびその他のNuanceサービスおよび製品の音声認識およびその他のコンポーネントの調整、開発、強化、向上にその音声データを使用します。お客様は、本規約に同意することにより、本ソフトウェアを利用する際に、本サービスの一環としてNuanceが音声データを収集し使用すること、また、本ソフトウェアおよびその他のNuanceのサービスおよび製品調整、強化および向上を目的として、NuanceまたはNuanceの指示の下で活動する第三者のみが機密保持契約に従ってこうした音声データを使用することに同意し了解します。Nuanceは、上記以外の目的で、音声データのいかなる情報要素も使用しません。音声データとは、本サービスに関連して、お客様が本契約に従って提供した音声ファイル、ならびにそれらを書き起こしたもの(トランスクリプション)および関連ログファイルを意味します。音声データには個人情報が含まれる場合があります。

      (b) ライセンスデータ。本ソフトウェアおよびサービスの一環として、Nuanceは、お客様の本ソフトウェアのライセンスを認証するために、また製品およびサービスの開発、構築および向上を目的として、以下に定義するライセンスデータを収集し使用します。お客様は、お客様により本ソフトウェアおよびサービスの利用の一環として、Nuanceがライセンスデータを収集し利用すること、また、お客様の本ソフトウェアおよびサービスのライセンスを認証するために、ならびに当社の製品およびサービスの開発、構築および向上を目的として、Nuance、また機密保持契約に従ってNuanceの指示の下で活動する第三者のみがこうしたライセンスデータを使用することに同意します。「ライセンスデータ」とは、本ソフトウェアおよびお客様のデバイスに関する情報をいいます。たとえば、デバイスのブランド、型番、ディスプレイ、デバイスID、IPアドレスおよびこれらに類似したデータなどをいいます。

      (c) 利用状況データ。加えて、特定の第三者による接続サービス(ソーシャルメディアサイトなど)の最適化およびパーソナライズ、ならびに将来の製品およびサービスの構築および改善を目的として、Nuanceは、以下に定義する利用状況データを収集することがあります。第三者のサービスにオプトインまたはこれを有効にすることにより、お客様は、当該第三者サービスプロバイダーのサービス条件およびプライバシーポリシーに同意したことになります。さらに、お客様は、Nuanceが利用状況データを収集し使用することを許可するものとします。お客様は、Nuanceの本ソフトウェアおよびサービスを使用した特定の第三者のサービスへのアクセスを停止することにより、Nunaceによる当該第三者のサービスの利用状況データの収集を禁止することができます。お客様は、本規約に同意することにより、お客様が本ソフトウェアを利用する際に、Nuanceが利用状況データを収集し使用すること、また、本ソフトウェアおよびサービスのパーソナライズ、開発、構築および向上を目的として、NuanceまたはNuanceの指示の下で活動する第三者のみが機密保持契約に従ってこうした利用状況データを使用することに同意し了解します。「利用状況データ」とは、本ソフトウェアおよびサービスに関する情報、およびお客様が本ソフトウェアをどのように利用しているかに関する情報をいいます。例:利用状況データには、設定の変更、デバイスの位置、言語の選択、機能の利用などが含まれることがあります。ただし、Nuanceは、利用データとして、自己のサーバー上に第三者のサービスのユーザー名およびパスワードを残さないことを条件とします。

      (d) お客様は、本ソフトウェアおよびサービスを利用することより、音声データ、ライセンスデータ、および利用状況データ(以下総称して「データ」)について、本ソフトウェアまたはサービスの提供に必要な場合、Nuanceおよび第三者のパートナーが保存、処理および利用を目的として、米国および/またはその他の国に移転することも含め、本契約の規定に従ってこれらを収集し利用することを了承します。お客様の発話内容に個人情報その他の機密情報が含まれていた場合、そうした情報が本ソフトウェアおよびサービスの利用を通じて捕捉されるデータに含まれることに注意してください。

      (e) さらに、お客様は、本サービスを利用した結果、データに個人データが含まれる可能性があること、およびそうした個人データは、データ保護に関する欧州指令95/46/EC、および(機密保護の取り組みなどを含む)本契約の適用可能な契約条項を含むがこれに限らず、適用可能な法規制に従って、Nuanceに収集、処理および転送されていることを承諾、承認および同意するものとします。

      (f) お客様は、あらゆる個人データを含むがこれに限らず、データをNuanceが使用することに関連したあらゆる申立てについて、Nuanceを免責することに同意します。

      (g) 本契約の定めに従い、お客様にご提供いただいた情報は、機密情報として存続します。ただし、Nuanceは、裁判所の命令により、もしくは法律上の必要性または正当性により政府機関に対して、法的義務を満たすために、または、Nuanceが他の法人への売却、これとの合併、もしくはこれの買収を行うときに、必要性が認められた場合は、これらの情報を開示することがあります。

      (h) 音声データ、ライセンスデータおよび利用状況データには、Nuanceの個人情報保護方針が適用されます。詳しくは、Nuanceの個人情報保護方針(http://www.nuance.com/company/company-overview/company-policies/privacy-policies/index.htm)をご参照ください。

  4. サポート。本ソフトウェアおよびサービスの評価およびテストのプロセスを円滑に行うために、ライセンシーは、よくある質問(http://nuance.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/14972#Can_I_use_my_own_microphone_with_Dragon_Assistant?)をご参照いただくことができます。その他のサポートについては、ライセンシーは、上記WebサイトからまたはNuanceの担当者に直接問い合わせることができます。Nuance は、ライセンシーに対して、本ソフトウェアおよびサービスの機能の不具合および/または説明に関して、ファックス、電子メールその他の方法で合理的なサポートを提供することがあります。Nuanceのサポートは、お客様の質問に対して48営業時間内(土日、祝日、会社の休業日を除く)に回答します。
  5. 未成年者による購入。本ソフトウェアおよびサービスは、未成年を対象としていません。お客様が18歳未満の場合はNuanceとの情報の共有について両親もしくは保護者の同意が必要であり、お客様がご自身の情報を送信することはできません。法律の規定により、13歳未満のお子様が本ソフトウェアおよびサービスを通じて情報を提出し、情報の送信者が子供であると当社が把握した場合、当社は可及的速やかに当該情報を削除します。
  6. 保証免責事項。お客様は、Nuanceおよびその関連会社が本ソフトウェアおよびサービスを、一切の瑕疵も含めて、いかなる形態の保証も含まずに、「現状のまま」で提供することに同意します。従って、お客様は、ご自身のデータおよびシステムを損失または損害から保護するために、必要なすべての使用上の注意または予防措置を講ずることに同意します。適用法により認められる最大の範囲内で、Nuanceおよびその関連企業は、市販性、特定目的との適合性および権利を侵害していないことについての目次の保証などを含む、明示または黙示の保証を明示的に一切排除します。
  7. 責任制限。適用法により認められる最大の範囲内で、本ソフトウェアもしくは本サービスの利用から生じた、利益の損失、データの紛失、利用の損失、事業の中断もしくは補填の費用を含む、直接的、間接的、特殊的、偶発的、派生的または懲罰的損害について、その原因および責任理論のいかんに関わらず、たとえそうした損害の可能性を事前に通知されていたとしても、Nuance、その執行役員、管理監督者および従業員、またはそのライセンサーは、責任を一切負いません。
  8. 期間および終了。本規約の有効期間は、お客様が本規約に同意した時点から開始され、終了をもって満了となります。Nuanceは、理由の有無を問わず、本サービスの満了または契約解除をお客様に通告することにより、本サービス契約および/または本契約に基づくライセンスをいつでも終了することができます。本契約は、お客様が本契約のいずれかの条項に違反した時点で、自動的に終了となります。終了にあたっては、お客様は即座に本ソフトウェアの利用を停止し、本ソフトウェアのすべてのコピーを削除するものとします。
  9. 輸出規制の遵守。お客様は、以下を表明し保証します。(i)(i) お客様は、米国の輸出禁止国、または米国政府により「テロリスト支援国家」として指定されている国に居住していないこと、および(ii)お客様は、米国政府の禁止および規制対象者リストに掲載されていないこと。
  10. 商標。本ソフトウェアまたは本サービスに含まれるまたは使用される第三者の商標、商号、製品名およびロゴ(総称して以下「商標」)は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。そうした商標の使用は、商標所有者の利益のために効力を生じます。そうした商標の使用は、相互運用性を示すことを意図しており、以下を意味するわけではありません。(i)そうした会社はNuanceの関連会社であること、または(ii)そうした会社がNuanceおよびその製品またはサービスについて推奨または承認していること。
  11. 準拠法。本契約には、法の抵触に関する原則の適用を除いて、米国マサチューセッツ州の州法が適用されます。また、お客様は、本契約から生じたすべての紛争に関連して、上記の州法による連邦裁判所および州裁判所の一身に専属する司法権に従います。本規約には、国連の国際物品売買契約に関する国連条約(United Nations Convention on Contracts for the International Sale of Goods)は適用されません。本規約は、この条約から明示的に除外されています。
  12. 変更の可能性がある条項。Nuanceは、お客様の電子メールアドレスを含むお客様がサインアップ時に提供した連絡先に合理的な通知を送ることにより、本契約の条項を随時変更できるものとし、お客様はこれに同意します。お客様が本契約のかかる変更に同意しない場合、本ソフトウェアおよび本サービスの利用を停止することが唯一の救済となります。Nuanceからのかかる変更の合理的な通知を受領した後、本ソフトウェアまたはサービスの一部または全部の利用を継続することにより、お客様はかかる変更に同意したものとみなされます。
  13. 一般法的条項。お客様は、Nuanceの事前の書面による了承がない限り、本契約によるいかなる権利または義務も譲渡することはできません。本規約は、Nuanceとお客様の間の完全合意であり、本ソフトウェアに関するその他の広報または広告にこれらに優先します。本契約のいずれかの部分が無効または法的拘束力を持たないとみなされた場合、当該部分は無効性または法的拘束力がないことを是正する必要がある限りにおいて改正されるものとし、その他の部分はその効力を完全に維持します。Nuanceが本契約の権利または規定を行使しなかった場合でも、そうした権利または規定を放棄したとはみなされません。本契約の第2項、第3項、第5項、第6項、第7項、第9項、第10項、第12項、および第13項は、本契約の有効期限後または終了後にも完全に効力を存続します。
   Japan
Terms of Service

Choose your country.